借地権の売買方法

借地権は第三者に売却する方法、建物が古くて第三者へ売買することが難しい時は地主に借地権を買い取してもらう方法があります。他にも借地権の一部と地主の持つ底地の一部を等価交換する方法があり、この3つのうちどれかで不動産の借地権を売買できます。

資金についても相談できる!不動産会社が行っているサービス

女性

不動産会社の活用方法

そろそろ家を建てたいと考えている人で、土地を探している。住居を探しているがどこにするかわからないという人こそ不動産会社はお勧めです。アプリやインターネットでも不動産に関しての情報を入手することはできますが、中には一部アプリでは非公開の情報もあります。そんな非公開情報を入手できるのも不動産会社です。お店へ行って条件を伝えれば、最新の物件情報を入手することが可能です。住宅ローンに関して詳しい不動産会社に依頼をすれば、無理なく返済できるプランを提案してくれます。

一軒家

住宅展示場に参加するメリット

家を建てたいと考えたら、まずは住宅展示場へいくことをお勧めします。住宅展示場とは、広い敷地内にさまざまなハウスメーカーの家が建っている施設の事です。住宅展示場へ行くメリットは、まず様々なハウスメーカーの家を見学できます。外見はどこも同じなように見えますが、内装はどのハウスメーカーも異なります。機能性を重視した家を建てるのか耐震性を重視した家にするのか、ハウスメーカーによっても方向性が違うため、まずが住宅展示場で様々な家を見学しましょう。

優良不動産会社を選ぶ際に重視するポイント5選

積み木

店頭の張り紙をチェック

不動産会社を選ぶ最、店頭に物件紹介の貼り紙があるかと思います。実はこの貼り紙、お客さんを釣るための餌の可能性があります。特に店頭の貼り紙が黄ばんでいるなど古そうな物件は、物件の回転が悪い証拠です。きちんとした不動産会社であれば、決まった物件の貼り紙はすぐに外して新しい物件を貼ります。

接客態度はどうか

不動産会社へ入った時、最初から横柄な態度で接してくる不動産会社はお勧めできません。不動産会社はお客様の事を考えて一番ピッタリな物件を一緒に探すものです。最初から態度の悪い不動産会社は決しておすすめとは言えません。契約はしないようにしましょう。

押し売りが激しい

例えば今契約すると100万円割引だからと強引に契約を迫る会社は要注意です。安くなるにはそれなりの訳があります。いい不動産会社とは、たとえキャンペーンがあったとしても、お客様が不快になるような無理な契約はしません。

安すぎる物件

確かに生活をするうえで安い物件はお得感があります。しかし、あまりに安すぎる物件は訳があります。例えばそこが事故物件だった、マンションの裏が墓地だったとか何かしら安いわけが存在します。いい不動産屋さんはそういった理由をきちんと話します。

保証内容が充実

住んでからもし不具合が生じた場合、無償でメンテナンスを行ってくれるのもいい不動産の特徴です。悪質な物件は保証がほとんどなく、不具合が生じてもほとんど自腹で直すことになります。契約する前に保証内容はきちんと確認をしましょう。

[PR]
不動産買取なら福岡の専門店に相談♪
プロが親身に対応してくれる!

[PR]
川崎で開催している住宅展示場を公開中
家を買いたいなら参加すべし!