HOME>レポート>空き家管理をしないと起こるトラブルを事前にチェック!

空き家管理をしないと起こるトラブルを事前にチェック!

空室

空き家が増えている理由

平成27年に空き家対策特別措置法が施行されるなど、法整整備が進み、ますます注目を集めているのが空き家問題です。空き家が急速に増え続けている原因には少子高齢化も挙げられており、家の持ち主が他界しましても、相続人が不在のケースもあるとされています。また、家の持ち主は健在でも、高齢になったことで老人保健施設に転居するなど、そのことで空き家となってしまうケースも多いと思われます。そのほか、家屋を取り壊すと固定資産税の負担額が増えてしまうといった税制的な理由も、無関係ではない筈です。もしも節税のために家を残している場合、その管理にお金を掛けては本末転倒になりますから、結果的に管理を放棄した家が増えてきたと言えるでしょう。

間取り

空き家トラブルとその対策法について

放置された家屋では様々なトラブルが後を絶えず、例えばガラスの飛散や、老朽家屋なら塀や壁が崩れ落ちるなど、付近の住民に深刻な被害を与えかねない状態となっています。さらに火の用心や防犯面もトラブルの1つになっており、精神的な被害も近隣住民の方々へ与えているのです。最悪の場合、家屋が倒壊するというリスクもありますから、空き家となるのは致し方ないとしても、家主は所有物件をキチンと管理することが重要になります。そこで、もしも空き家をお持ちで、ご自分で管理するのが無理な場合、代行業者の巡回管理サービスなどを利用するのが堅実な対策方法です。これからは空き家を放置していても知らぬ存ぜぬでは通りませんので、早めの対策を心掛けましょう。